50歳からの生き方、終わり方のためのヨーガ

 インドには、人間の一生を4つの人生に分けたアーシュラマ(四住期)という生き方の法則があります。ですから、ヨーガも年齢に合わせて内容を変化させていくことが望ましいのです。

 

 50歳からの身体の健康、人生の意義、心の深さは、それ以前の年代とは質が異なってきます。同じように考え、身体を使い、若い頃と同じ内容でヨーガを行っていては、変化していく心身に対応する器量がないまま抗うばかりになりかねないのです。

 

 年齢を重ねても健康であれば、したいことを何でもできるかもしれません。しかし、人生のターニングポイントを通過し、山を下っていく流れの中では、潔く手放さなければならない境遇に接することが多々訪れます。抗うより手放すレッスンに入っていることに気づかないと、どこまでもチャレンジの人生になります。

 

 アーシュラマから人生を考えると、歳を重ねれば重ねるほど、肉体や物質的満足よりも精神性を高めていく方が重要になってきます。精神、知性、霊性の心、いわゆるスピリチュアルな側面が深く引き出されてくるのは、中高年からの年代です。

 

 若い時は無知なゆえに、誰もが無我夢中の生き方を体験し、多くの壁に突き当たります。がむしゃらに頑張り、失敗も経験します。だからこそ、年齢を重ねてこそ身につくものが智慧なのです。 霊性の心が引き出されてくるのも、まさに中高年から先の人生なのです。

 

 現代人は、生命の法則に逆らうかのように、いつまでも若く、若い時と同じ状態を保つことを良しとする情報社会に踊らされていないでしょうか?

 

 「もっと動けるようになりたい、もっと食べられるようになりたい」そんなエゴの声とは逆の方へ身体は変化していきます。この時、変化していく身体の声を聞く耳を持たず、エゴで押し通そうとすると、いつまでたっても身体に対する執着がとれず、最終的にはこの肉体を手放さなければならない時に苦しむことになりかねないのです。

 

 ですから、心も身体も自然の変化に抗わず、受け入れ、精神的年齢を重ねていくことができるように、ポーズのやり方一つをとっても、身体を通して内なる智慧を目覚めさせ、深め、人格上に引き出す方法に変えていく必要があるのです。 

 

 インドでは、ヨーガは別名「死の準備」と言われます。いつかこの肉体を去る時に、未練や後悔、執着という想いを残さないで逝けるように、身体の力を抜く練習をして、生きて強めてきた我をはずしていきます。物事を客観的に見られる心を養い、瞑想で過去を手放し清算して、わだかまりのない状態にしておきます。

 

「もっと生きたい、もっと食べたい、もっとあれがしかたった」といった餓鬼のような心ではなく、感謝の心で去ることができるように。そして、死後という新たな世界へ心を開くために智慧を携えておきます。

 

 社会の一線とは違う世界へ人生が向かい始めた人は、心と身体が、外見的から内面的に変化していきます。当センターでは、人間がたどる変化の波を十分に考慮し、50歳からの人生を楽しむ老後術として、精神的な成熟さを深める道として、心の終活として、ヨーガを行っていただけるように配慮しております。


脳の健康維持

50代からは、軽い運動で筋肉をしっかり意識して行い、脳に刺激を与え、脳の休息と若返りにつながるように行います。

脳の健康を保つためには、心の幸福度がより重要になってきます。そのために、

・過去にとらわれない。

・ウジウジせず謙虚に今できる範囲で。

・ウツを解消できるものを持つ。

ヨーガで心の健康を保っていきましょう。 

筋トレから自己整体へ

後先考えず運動をしていた、闇雲にポーズを行っていたやり方から、変化していく心と身体に合わせ、丁寧なやり方へシフトしていきます。

・正しい姿勢で行う。

・身体で緊張と弛緩の両方を味わう。

・動きに合わせて呼吸をする。

筋肉を鍛え硬めていくよりも、しなやかさを意識して、それが心につながるように行っていきましょう。

呼吸の質を高める

自分に最後まで寄り添ってくれるのは、自分自身の呼吸です。しかし、私たち現代人の呼吸は大変浅く、ヨーガを行っている人でも自分の呼吸を意識できない人は大勢います。不安や恐れ、痛みに襲われた時は、何より自分の呼吸が救いになります。いざという時に呼吸が自分を支えてくれるように、ヨーガを通して呼吸とつながっておきましょう。


>>ヨーガレッスンのご案内